Tシャツの熱湯サイズダウンに挑戦
2017-09-04 | カテゴリ >> 日記

先日、アウトレットに行った時にBEAMSでTシャツ買いました。
2,500円でやすさにつられて買ってしまいました。
Lサイズを(;_;)

普段は基本的にMサイズで、普通にMを買おうとしたんですがMは無いって言われまして…
手に取った時もデカイわぁ〜 って思ったんですが、まぁ安いから最悪寝間着にでも・・ と思いつつ買っちまいました。

で、家に帰って着たら予想の3倍くらいでかいわぁ。

それがコイツです。
(ダサイ等のツッコミは末尾のコメント欄に自由にご記入ください)

これ、なんとかして着る術はないかな・・・
と思い、ネットで検索。

最初は、ビッグママとかでサイズダウンしてくれるんじゃないか?
なんて思ってたんですが、どうも熱で縮める方法があるようです。

半信半疑だったのですが、結構やってる人おおそうな雰囲気なのでTRYしてみました。

やり方は死ぬほど簡単でした。

1:鍋で湯を沸かす
2:火を止めてTシャツをぶち込む
3:30分放置(放置時間帯で縮み度が変えられるっぽい)
4:乾燥機で回して乾かす
→ワンサイズ縮んでいる
※ただし綿100%の素材前提

との事。

今回は普通に綿で作られたモノの様でしたので早速やってみました。

熱湯の鍋に放り込む。
「Tシャツさん、ごめんね」

乾燥機を持っていないので30分後にチャリで近所のコインランドリーにGO。
初めて大井町のコインランドリー使った。
最初使い方分からなくて焦った。

乾燥機って意外と時間かかるんですね。
Tシャツ一枚だけだから・・?
100円で10分だから、10分で終わるのかと思ってたら全然乾いてない。
もっかい・・ もっかい・・・・・ とやってたら40分もかかった。

できあがりました。
ドキドキして比較用のTシャツを合わせてみたら、バッチリ縮んどる・・!!

最初は
「綿の素材が縮んでしまって着心地が悪くなったりするんじゃないだろうか・・?」
なども心配したのですが、着てみたところ特に違和感はなく。
すごい普通にサイズダウンができました。

とは言えすごい面倒だったので、今度からたとえ安くてもサイズが無かったら買わないで帰ってくる鉄の心を身に着けたいと反省しました。

おわり

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
2017-09-04 | カテゴリ >> 日記 

関連記事

Comment





Comment



*