homebrewで入れたMySQLでmysqld_multiを使う
2017-07-27 | カテゴリ >> サーバー小ネタ(Linux)

my.cnf の設定

sudo vi /etc/my.cnf

下記設定を追加する

[mysqld_multi]
mysqld=/usr/local/bin/mysqld_safe
mysqladmin = /usr/local/bin/mysqladmin

[mysqld1]
port = 3307
datadir = /var/lib/mysql1
socket = /var/lib/mysql1/mysql.sock
pid-file = /var/lib/mysql1/mysql.pid

[mysqld2]
port = 3308
datadir = /var/lib/mysql2
socket = /var/lib/mysql2/mysql.sock
pid-file = /var/lib/mysql2/mysql.pid

※最初mysqld1のポートを3306にしたら起動しなかった。
たぶん既存のメインのMySQLとかぶったからだと思われ

複数のMySQLのインストール

$sudo mysqld --initialize --datadir=/var/lib/mysql1 --user=mysql
$sudo mysqld --initialize --datadir=/var/lib/mysql2 --user=mysql

これを実行すると、最後にPWが勝手に決められて出力されるのでメモしておく
[Note] A temporary password is generated for root@localhost:

パーミッションの変更

$sudo shown -R mysql: /var/lib/mysql1 /var/lib/mysq2

起動と停止

起動

$sudo mysqld_multi start

確認

$sudo mysqld_multi report
Reporting MySQL servers
MySQL server from group: mysqld1 is running
MySQL server from group: mysqld2 is running

停止

$sudo myself_multi stop

つくったMySQLにログインする

$ mysql -P 3307 -u root -p

<メモしておいたPWを入力>

おわり

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
2017-07-27 | カテゴリ >> サーバー小ネタ(Linux) 

関連記事

Comment





Comment



*