Mac OS X SierraにQt入れてcapybara webkitをInstallする
2017-07-10 | カテゴリ >> macでのエンジニアリング的な何か

gem の capybara webkitを入れようとすると
Command ‘qmake -spec macx-g++ ‘ not available
とエラーが出て失敗していたのでた。

こういうときはG先輩の検索結果1ページ目に答えが載っている と相場が決まっているので適当なページを見て、何も考えず、頭を使わずに調べますと
brew で qt4を入れろっ
て書いてあるページを見たので、やってみると
Error: No available formula with the name “qt4″
と怒られたでござる…

人生、楽はできませんね。

もう少しちゃんと調べると、capybara webkit のWikiにその辺の事がちゃんと書いてあるのでした。
→ Installing Qt and compiling capybara webkit

を見ると

Qt 4 is several years old and contains a version of WebKit with many serious defects. Support for Qt 4 will be dropped in any future feature releases and is not supported by the capybara-webkit team. If you add instructions to this page, please make sure your instructions build using Qt 5.

って言ってるので、qt5を入れるようにする。

Sierraの場合はこのセクションに手順があった
https://github.com/thoughtbot/capybara-webkit/wiki/Installing-Qt-and-compiling-capybara-webkit#macos-sierra-1012-el-capitan-1011-and-yosemite-1010

$ brew install qt@5.5

で、Install

$ echo 'export PATH="$(brew --prefix qt@5.5)/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc

で、PATHに追加します

ちなみに自分はfish を最近使い始めたので

set -x PATH (brew --prefix qt@5.5)/bin $PATH

をfish.config に追加しました

$ which qmake   
/usr/local/opt/qt@5.5/bin/qmake

と見つかればOKの模様

Installing capybara-webkit 1.1.0 with native extensions

の表示時間が長いのでドキドキしますが、しくる時は一瞬でコケるので 時間がかかってるということはうまく行っている証。

おわり

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
2017-07-10 | カテゴリ >> macでのエンジニアリング的な何か 

関連記事

Comment





Comment



*