ロサンゼルス一人旅vol.2 市内観光とグリフィス天文台


La 2

今回の旅は、そもそも3日しかないのでこの2日目が全てなわけであります。
1日でLAなんて周りきれないので本当に「何がどの辺にあるか」くらいが分かって帰れればいいやという感じです。

HISの現地発ツアーに申し込む

そもそも来たことが一回もないので、特にどこへ行きたいというアテもなかったから適当にHISの色々なところ回りそう系なツアーに申し込んでみる事に。
ところでこのツアー、一人で申し込めるけどもしツアー参加人数が本当に一人だった場合に備え2人分の料金を払わないといけないようでして、申込時に倍の料金を払いました。(まぁ一人だったら一人で気楽で非常にいいのですが)

朝、例のホテルのレストランでサンドイッチを食べた後ロビーで待っていると迎えの方がきて集合場所のホテル(名前おもいっきりわすれた)へ連れて行ってもらえました。

ちょっと早く着きすぎたようなので、近くにあるリトル・トーキョーを見るといいよとレコメンドされ歩いて見に行ってきました。
もう、そこは完全にトーキョー。
あー なんか瓦の屋根見るの久しぶり。。。


DSC00562

てか・・ ふと思ったけど、リトル・トーキョーといいつつ、東京に無いものばっかりじゃないっすかね(;´∀`)
ヤグラ!
これも東京には無いし。


DSC00563

日本人っぽい人があちこちにいて、なんかアットホームな気分になれますが、これはあくまでもアメリカ人向けの観光地だなぁーと思う次第です。

出発

時間が来たのでホテルの待ち合わせロビーに向かい、待ってるとこの日のツアーガイドさんが現れ呼ばれました。
今回は私の他に、2人の兄弟のお子さん連れの4人組ファミリーとご一緒の様子。
皆でバンに乗って出発しました。

今回のガイドさんはイケメンで180センチくらい身長あるでっかい人でした。
ここから怒涛の勢いみすず学苑でロサンゼルス内を回っていきます。
移動の途中ではバンの中でガイドさんのLA解説が聞けるのがやはり日本語ガイド付きツアーの良いところでした。
行く先々の豆知識など、結構細かい解説がありがたい。

一気にいきます。(特に長々と滞在したわけではないので、書くことも特に無し)

サンタモニカ

よく名前だけは聞いていたけど、何なのかしらなかったです。
ビーチがあるんですねー。 このビーチの真横のでかいマンションにアントニオ猪木さんが滞在されていたのだとか。約30分の観光。


DSC00569


DSC00575

ビバリーヒルズ / ロデオドライブ

これも名前だけ聞いたことがあった場所。
てか、ロデオドライブとかもうお金持ちの人だらけすぎでしょ
やはり買い物大好き系な女性の観光地だな っと痛感
ここも約30分の観光。


DSC00581


DSC00586

ファーマーズマーケット

ここで1hの滞在ができましたのでランチにしました。
とにかくガヤガヤしていたので、一体どこで何を食えばいいのか迷いに迷い。。
とりあえず粋な感じのスペイン料理屋を選択。
初めてスペイン風オムレツを食しました。
トルティーヤ イスパニョーラって店員さんが言ってたけど、スペインではこれがトルティーヤなんですか?
なんかよくわからないけど、すごい上品なお味・・ 貧乏舌だから、正直次は選ばないかもー(;´∀`)


DSC00590


DSC00592

ハリウッド

メルローズの解説を聞きながら、実際の通りを抜けてハリウッドへ。
ハリウッドではウォーク・オブ・フェイムのある通りに。
最初はチャイニーズシアターに行きました。 手形などの位置を解説してもらえます。
色んな映画でちょくちょく出てきますよね。
最近だとアイアンマン3で出てきませんでしたっけ。。(うろ覚え)


DSC00594


DSC00600

その後、例のハリウッドサインを見に。
これはもう完全にどこで撮ったか忘れたんですが、チャイニーズ・シアター近くのショッピングモールにある橋が見晴らしが良く撮影に最適でした。

あぁー ついにLAに来たんだー って気になりますね。これは。。


DSC00603

LA市内観光は終了

というわけで最後はハリウッドで終了でした。
その後直接ホテルまで送ってくれてツアーは完了です。 到着したのは想定よりも早くて4時半くらいでした。

この日、個人的に一人で車を使ってグリフィス天文台へ行こうと画策していたので、もう出ようかどうしようかかなり迷いました。
ネットの情報を見ると週末は夕方あたりからかなり混雑するようで駐車スペースが全然見つからないんだとか。
一人でいって路頭に迷うのも困るなぁー と思い、いっその事施設が閉まる10時前を狙う事としました。

グリフィス天文台へ

施設は10時に閉まるといえども10時直前に行ったら数分しかいれないことになるので、ここは勘に頼って8時半にホテルを出ました。
今回滞在していたBestWesternPlusはグリフィス天文台から車でたった15分くらいの場所にあるのでめちゃ近かったです。

Googleマップ先生のナビに従って、いざ出発。
都心部だからでしょうか。。 普段運転してるシリコンバレー周辺よりもかなり道が狭い・・(*_*;

グリフィス天文台は丘の上、かなり高いところにあるので山道の入り口から入り一気に登ります・・・
しかし!!!、いきなり道が封鎖されていました。。 
「パークはCloseしました」みたいなバリケードが置いてあります。

こ・・・ これは・・・・・
もう閉まったのかーーーー!!!!!!
と、心で叫び
実は今回のLA旅では一番楽しみにしていたグリフィス天文台が見れないという悲しみがこみ上げてきます。

なんだったんだ・・ やっぱりもっと早く来ればよかった。
だからみんな夕方にくるんだね。

と、とぼとぼUターンします。
元の来た道を戻ってホテルへ戻るべく、右折しようとしたところまだルート案内の途中だったGoogleMap先生が「左折せよ」と。
・・・・左折・・だと・・??
普段だったらUターンして再び山を登らせようとするのに、おかしいな。
と思いつつ、目的地を削除しようと手に取った瞬間気が付きました。
「こいつ・・さては別のルートを知ってるな・・・」

どうもグリフィス天文台へ行くにはいくつか道があるようでした。
なんとさっきとは地図上のルートが違っています。
早く言え馬鹿野郎!と思いつつも、Googleマップアプリを終了していなくて本当に良かった。

けど別のルートも封鎖されているのかもしれないので、最後まで油断はできません。

5分ほど車を走らせると再び山道が・・
まだ分かりません。。 さっきも山道を暫く登ってからバリケードで封鎖されていました。

しかし今回は行けそうです。なにより嬉しいのが、自分の前に1台車がおり山へ向かっているという事。
これはいけるに違いない。


DSC00605

→いけた (∩´∀`)∩ワーイ

到着 そして完全に絶景

途中の山道で、既に車がたくさん路駐されていたのでやはり頂上の駐車場は全部埋まってるのかしら・・と不安になり、自分も7合目付近(7合目っていうのは完全に勘)で車を停めて歩いて登りました。
車を停めておりた瞬間、既にちょっと夜景が見えています。
めっさ綺麗。 これは期待できるかもしれない。


DSC00606

頂上へあがると、プラネタリウム施設の建物がお目見えです。
かなりカッコイイつくり。

DSC00609

昼にくればプラネタリウムの券がここで帰るみたいですが、今回は閉館直前に来ているのでもちろん見ない予定。
夜景をみるべく、施設の屋上(屋上に階段で登れるようになっています)へ一直線。

そしてそこにはLA全体が見渡せるような高台な夜景のイルミネーションが広がっていました。
なんていう事でしょうか。
これは相当綺麗。

DSC00611

東京の夜景もかなり綺麗ですが、東京のは高層ビルがひたすら連なるというイメージなのに比べ、こちらは碁盤の目状に広がる広大な土地の明かりが広がります。

ここで初めてカメラを勉強しようとシャッタースピードを色々変えてチャレンジしました。
ところがお任せオート的なやつで撮影したものと全然キレイさはかわりませんでした笑

SonyのRX100 m3で撮影しましたが、フルサイズといえどもコンデジサイズのレンズではあまり変化ないのでしょうか・・?
ミラーレスのNEX5も持ってきて撮り比べれば良かったですね。

なお、夜景スポットという事もありまわりはカップルだらけ。
イチャイチャするカップルの間に挟まれながらひたすらカメラと格闘しました。

ちなみにこの日、完全に三脚を忘れるという失態をおかしたのですが、
天文台の夜景スポットは手すりがまっ平らでした。


DSC00639

報告は水平に固定されてしまいますが、まぁ手で持つよりはずっとマシですね。
この作りに感謝です。

その後も何枚か写真を撮って終了


DSC00632 2

天文台終了のお知らせ

10時が来て、施設全体に終了のアナウンス。
皆ボチボチ帰り始めてるようなので、夜景が綺麗で名残惜しいですが私も帰路につきました。

ホテルに戻ってもまだ10時半。
めっちゃ近いですね。
けど明日もロングドライブがあるので風呂入って就寝です。
ちなみにこの日はお隣の部屋は誰もいなく、非常に静かでした。 本当に良かった。

明日は最後の日、3日目です。

おやすみなさい

 

2014-12-18 | Posted in No Comments » 


関連記事

Comment





Comment



*