OS XをYosemiteにupdateしてヨセミテに行って来ました Vol.2


Os x yosemite roundup

昨日の1日目に続き、今回は2日目の旅日記となります。


再びYosemiteを目指して

ホテルを出まして、再びYosemiteバレーを目指します。
この日は昨日来た道を戻るだけ。
ですが昨夜は一切周りは闇に包まれており景色が楽しめませんでしたのでどんなになっているのかワクワクです。

まず、395号線という南北に伸びるフリーウェイを北上します。
地図を見ると、この道路は南に行くと有名なデスバレーがありました。
なぜか私はデスバレーの写真を見るとFF7を思い出します。

ホテルは遠かったのですが、このフリーウェイは本当に通って良かったです。
広大な景色がぁああ


DSC00246

アメリカ広いわーーー!!


DSC00251

そして395からいざ120号に入りまして再びYosemite山道へ。
下の写真で見える山々の更に向こう側の谷間にYosemiteがあります。


DSC00255

山かっこいいですね!
※どれも昨晩は真っ暗で見えなかった景色

山道までの途中、周りの景色はずっと乾燥した山だったのですが、ビッグサンダーマウンテンにしか見えませんでした。
アメリカの山ってこういうデザインのものが多いのでしょうか。。


DSC00260

関所へ

Yosemite渓谷へ行くには通行料を払います。
たしか30ドルくらいだったかな・・?
一回払うとレシートをくれて、このレシートは数日有効の様子。
我々は昨日の夕方一度通ってるのでレシートを見せて関所をパスしました。

関所を通って暫く走ると、Tenaya Lakeとかいう水がクッソ透き通った美しい湖がありました。


DSC00271

もう、めっちゃ水綺麗


DSC00283

いざ渓谷へ

再び渓谷へ入るのですが、谷へ下る途中に昨日は夕日の状態で見えた全体像が再度お目見えします。


DSC00290

なんか、RPGの世界みたいでいいですね。

渓谷に降りると小川が流れておりゆっくり車で先に進むと、mac OS Xの壁紙で見たあの山が!


DSC00300

あの山も!


DSC00309

途中、どうしてもMacOS X YosemiteリアルYosemiteの2ショットを撮りたくておもむろにリュックからPCを取り出して撮影しました。
もうこの旅の半分くらいはこの写真を撮りたかったが為に来たようなものでもあります。


DSC00335

日中でまぶしすぎて全然PCの画面が見えない。。

そんな時はAdobe先生の出番です。
(本当にすいませんLightroom5とPhotoshop使いました。)


Yosemite with macOS

紅葉も、ぐっと鮮やかに・・!(;´Д`)♫

ちなみに、下の写真は帰るときに見たバレービューというポイント。
本では夕方がおすすめって言ってたけど、やっぱり日中の方が森が綺麗に見えるので朝行ったほうがいい気が・・


Yosemite

今回見れなかったもの

今回、11月の上旬に行きましたので紅葉を楽しむ事ができました。
しかしヨセミテの醍醐味はやはり夏のようです。

一つは、冬に蓄積した氷が春になってから溶け出し大きな滝を形成するヨセミテ滝が見れるという事。
今回は一切水なし! すっからかん。
けど滝のある場所に人はたくさん来ていたので写真だけ撮りました。


DSC00341

もう一つはグレーシャーポイントというヨセミテの渓谷を高いところから一望出来る場所に夏しかいけないという事情があります。
どうも車であがっていくらしいっすよ。

けどすごい空いていたのは、まぁ良いこととします。

Yosemiteランチ


DSC00326

ヨセミテ渓谷内の中には様々なキャンプ場や観光のためのルートがあるのですが、Yosemite Villageというところに売店やカフェなどの施設がありました。
ここでランチをとることに。

サンドイッチを選択。かなり種類があり、迷った。
あと、売店がここしか無いのか、長蛇の列


DSC00321

紅葉を木漏れ日の中での癒やし。


DSC00329

帰路に

そんなわけで1泊2日のYosemiteツアーは終了。
最後の夕日を見ながら140号線フリーウェイを飛ばしつつ旅を振り返りました・・・

ホテルの場所はマジでミスったなぁ・・と(`;ω;´)

けど、Yosemiteで見る山々や途中フリーウェイの景色は非常に感動しました。
今回はホテル泊でしたが、やはりここはキャンプ場がたくさんありますので、またいつか来る事があればキャンプをしたいですね。


DSC00360

めっちゃどうでもいい話ですが、この日帰りにFacebook社の前を通りすぎてちょっと心躍りました。
おわり

 

2014-12-10 | Posted in No Comments » 


関連記事

Comment





Comment



*