OS XをYosemiteにupdateしてヨセミテに行って来ましたVol.1

yosemite_with_macOS.jpg

もうすぐ2014年は終わりますが、今年の新しいMacOS Xの名前はYosemiteでした。
Yosemiteっていうのはカリフォルニア州にある公園の名前だったんですね。最初全然知りませんでした。

10月からカリフォルニア州のシリコンバレーに来てから、周りの人の話を色々と聞いてみたところ皆さん一度はYosemiteに行かれてるとの事。

サンフランシスコから車で4時間で行けるから行ったほうがいいよと勧められ11月の土日を使っていくことにしました。

Yosemite概要

調べてみて驚くことに、Yosemiteは1984年に世界遺産に登録されたアメリカの国立公園だそうです。
1984年は私の生まれた年じゃないですか! (だから?)
というわけで今年で30歳を迎え徐々に体がホロウ化してきた私が、この節目の年にいくという事には立派な意義がありそうです。(なさそう)

そんなヨセミテの見どころは、絶景の山々。
かのルーズベルト大統領は、ヨセミテに来た時
「今日は人生で最良の日だ」
と言ったそうです。 どんだけやねん。


FDRfiresidechat2

また、アウトドアファン達がこぞってキャンプをしたりロッククライミングしにいったりするそうですが、そうではない一般の観光客も山々をひと目みたいと毎年大勢訪れているとの事。
そんなわけで、私もMacの壁紙で有名な山々をカメラにおさめて来ました。

出発 そしてエアプレッシャー事件

もうね、先に書いておくけど1日目は大変でした(俺のせいで)
今回は、シリコンバレーで知り合った某大企業の駐在員の方と2人でいくことになり、自分が車を出したのですが、朝合流して乗車し
「よっしゃ!いくぜ!!」
とフリーウェイに突入した瞬間、運転席のメーターパネルがピカッ!と光る。
しかも、”WARNING!”とか警告が表示。
「えw なんすかw サーバー障害っすかww」 
とか言いながらよーく読んでみると、タイヤの空気圧が下がってるから入れろと。。。

こんな時に限って・・くそう
と思いつつもGAS STATIONに行きタイヤに空気を入れました。
スタンドにいくと、おもむろに空気入れが置いてあって自分で自由に入れれるようになっていました。 なんか法律で必ず置くことになってるそうですよ。

ちなみにここは無料でしたが、たまに$1払わないと空気入れられないスタンドもあります。
※後日全然違う車でもおんなじ状況になった件・・orz


DSC00157


DSC00158

そしてカーチェンジへ

タイヤの空気は無事入ったのですが、同行者の方から
「ヨセミテはめっちゃ遠いので、タイヤに何かあって荒野の中で動けなくなったら大変。レンタカー屋さんで見てもらおう」
と助言が。
さすが、、しっかりしてらっしゃるでこの人。

というわけでレンタカー屋に行って「タイヤ見れくれよ」 と言ったところ
「店舗にそういう設備ないっすから、他の車でいけば」
との事。
なんと追加料金無しで車をスイッチできると言ってる
というわけで変えてもらいましたが、この日コンパクトな車は全部出払っててないよー と言われ、まさかのミニバン!

しかもDodge


DSC00168

すごく・・・ アメリカンです。。。

燃費おもいっきり悪そうですが、日本より遥かにガソリンが安いこの国。
気にせず乗り込んでYosemiteに向かいました・

余談ですが、この日Dodgeのミニバンにチェンジしたのでこの後2週間ほど、ミニバンで毎日通勤しました

ホテルの場所 おもいっきり間違え事件

基本的に市街地以外は一切携帯の電波が入らないので、Yosemiteまであと1hくらいという所の街で改めてホテルまでの経路を検索したら
目的にまであと6hの表示

What?

そんな、、ばかな、、
しかし、改めてちゃんと見てみると、ちゃんと我々が予約したホテルはそこにありました。
あるっていうか、そこはYosemiteの山を超えた反対側でした。

なぜこんなことがおきるのか?

今回、ホテルを予約する時何も考えないでYosemite と検索して出てきたホテルを予約したのですが、
Yosemite国立公園て3000平方kmに広がる超・広大な山々全てを包んでるからか、私が予約したホテルは普通の人が行くYosemite渓谷と ぜんっっっぜん! 違う場所にありました。

むしろ、もう、真逆!
ネバダ州の一歩手前!
※予約したのは私です。本当にすいませんでした。

ちなみに今回予約したホテルは普通のスキーリゾート地だったwww(けど、なんで検索結果に紛れ込むんだろうか。。)


Yosemite map

山越えに成功

そんなわけで、6時間かかるのなら着くのが深夜になってしまう。
キャンセルするしかないのか・・?
と懸念されましたが、ホテルに電話して
「マジでここから6時間かかるルートしかないんですか?」
と聞いたところ
「まだ山の上を抜けるルートが規制になってないから、そっちから来ればおk」
と教えてくれました。
これは、どういう事かというとYosemite渓谷の上に120号線という細い道路が東西に横切ってるのですが、冬は通行規制になるそうでして、今年はまだと通れるとの事。

というわけで、Yosemite旅行初日にまさかのYosemiteを通りすぎて山の反対側まで向かう事になりました。

Yosemiteバレーに一旦入りましたが、ただ通り抜けるだけ。
けど夕日が差し込むYosemiteを写真に収めることに成功しました。


DSC00194

ホテルになんとか到着

この後すぐ日が落ち辺は真っ暗に。
外灯も一切ないので、完全に闇の世界をひたすら走りました。

これが結構こわくて、超・山道なので少し道はずれるとすぐに崖。 いつ死んでもおかしくい的な道を永遠と走る事に。
道中一回だけ暗闇の中にある路肩スペースに車を止め、車のライトを消してみましたところ、空に広がる星空がたいそう綺麗でした。

そんなこんなで3時間くら更に車を飛ばしやっとホテルに到着。
今回のホテルは
Juniper Springs Resort
まぁ、なんてネットワーク機器メーカーのような名前でしょうか。
(IT系 っていうかキャリアの人にしかわからなくてすいません)

スキーリゾートですがまだゲレンデがオープンしていないので超・安かったです。
どれくらい安かったかといいますと、、

リビング・キッチン+2部屋+2バスルームのこの超広いお部屋に泊まっても、一泊一人1万ちょい。
※どうも予約する時やけにディスカウントされてるなぁ とは思ったのですがこんな場所だったとは・・


DSC00203

リビング


DSC00208

東京の私の1Kの台所の3倍くらい広いキッチン。。


DSC00209

キングサイズベッドの部屋が2つあります


DSC00210

余談ですが、あいにく激しい頭痛に苛まれてこの日は速攻寝ました。
二日目に続きます

 

2014-12-10 | Posted in No Comments » 


関連記事

Comment





Comment



*