ロシア旅行記 part4 【アルバート〜モスクワ川クルーズ】


DSC03188

3日目はアルバートという東京で言うところの竹下通りみたいな場所へ行き、夜はモスクワ川をクルーズしながらディナーを楽しむ的なものに参加しました。

この日も歩きまくって本当につかれた・・・


朝食〜N氏宅へ

この日の朝は、ホテルの売店に売っていた韓国のカップ麺を食べたのですが辛すぎて半分残しました。

で、出発したのですが我々日本勢はN氏に今回大量のお土産を買ってきたので一度N氏の家に運搬しました。
ロシアでは日本の食料物資が手に入りづらい or メチャメチャ高い そうなので、事前に大量の食料物資を注文されていたのでした。

N氏はそこそこ家賃の高いエリアに住んでいるらしいのですが、意外だったのがロシアのマンションのボロさです。

周り一体、ふる〜〜〜〜いマンションが乱立しておりました。 まぁ元々共産主義社会だったので、その時に立てまくったのだろうとは予想がつくのですが、なんで建て替えないのかな?? と、ちょっと疑問。

今回のN氏宅も家賃は日本円にして20万もするそうなのですが、超昔の団地みたいな外観でした。(失礼)

ただ、セキュリティは非常にしっかりしているようでして、ドアが一定時間開けっ放しになっているとマシンガンを持った屈強な男が何事だ?!と駆けつけるそうです。(1回リアルに来たそうです)

アルバートへ やっとロシア料理を食べる

その後、メトロに乗ってアルバートへ向かいました。

ちょうどついた頃にランチタイムだったので、ここでやっとロシア料理を食べる事となりました。
※3日目で初めてロシア料理・・

店はヨールキーパールという名前の、モスクワでは有名(?)なファミレスにしました。

ここではサーモンとイクラのパスタ、ボルシチ、ピロシキ。
ボルシチに関しては生まれてはじめて食べました。


IMG 2078


IMG 2076

ボルシチが真っ赤すぎるので最初少し躊躇しました。
白いサワークリームをドバドバ入れて食べるのが流行りだそうで、途中から入れたところ酸味が緩和されまろやかになりました。
基本的に、めちゃくちゃ体によさそうな味 っていう感じでしょうか。 ちょと酸っぱい野菜スープみたいな印象でした。

とても有名なボルシチ、世界各国の料理がズラリと並ぶ日本のファミレスのメニューにないのは、 まぁそういう事なのかな と思ったりもしました。

昼飯を食べた後は、商店街風の大通りを永遠と歩いて途中のお土産店などを物色して見て回りました。
建物がやっぱり綺麗でした。


IMG 2085

ソウルジェム?


IMG 2084

ちなみに、お土産店ではどの店でもマトリョーシカが置いてありましたが、やたら装飾が激しい卵のような置物もたくさんありました。
これはインペリアル・イースター・エッグ(皇帝の卵)という物産だそうです。
お店によっては10万円以上のものを置く店もありました。 マトリョーシカの次くらいにどの店も置いていた印象。

で、これがまどか☆マギカに出てくるソウルジェムにあまりにもそっくりなので、我々の中で勝手にソウルジェムと呼ぶ事にしました。
最終的に誰もこのソウルジェムを買うことはありませんでした。

ちなみに、この通りのスターバックスで仲間の2名ほどが彼女へのお土産用にロシア風デザインのタンブラーを購入しており、
リア充臭をまき散らしておりました。

休憩

その後、あまりにも長い道を歩いたので疲れた為、コーフェハウスというモスクワで有名な喫茶店のチェーン店に入る事に。

ここで、N氏がカプチーノを頼んだのが全く店員に伝わらなくて(ロシア語で注文していましたが)、N氏がちょっとキレていたので他のメンバがちょっぴりヒヤヒヤする。

ラディソン・ロイヤルホテルへ

この日の最後は夕方から夜にかけてモスクワ川のクルーズをしながらディナーをとる事に。

出発地点がラディソンホテルのすぐ前だという事で、ホテルにも立ち寄りました。
このホテルも、初日に見たモスクワ大学と同様にスターリン様式建築だそうで、セブンシスターズの一つです。

旧名はホテル・ウクライナだそうですが途中からカールソン・ホテルズ・ワールドワイドの運営になったらしく、名前もラディソンに変更されているようです。


DSC03096 1

時間が少し余っていたので、ホテルの中も見学したのですがもう超高級ホテルすぎて、「私みたいなんが、勝手に入ってすいません」みたいな気持ちになってしまいました。
けど入り口のドアマンがスーパー紳士で、ニコニコと迎え入れてくれて良かったです。 宿泊客じゃなくてすいません。

乗船・出港

ホテルを後にして、早速船に乗ります。
この船の運営もラディソンホテルのようで、中で出される料理もホテルお墨付きの料理とかなんとか言ってました。
けどホテルのレストランみたいな値段設定ではないようで安心しました。


IMG 2099

観光客風な人も乗っていましたが、結構ファミリーやカップルなどが多く
”今日、記念日です。気合入ってます。”
みたいなお客さんが多かったです。誰かの誕生日とかそーゆーのかな。


IMG 2105

中の様子。


IMG 2107

ここでもビール。


DSC03260

ちなみにここでのディナーはフランス料理からイタリアンまで色んな種類があり、アラカルトでその都度頼んで腹を満たしました。
どれもかなりウマスでした。(*´ω`*)

我々のテーブルについたウェイターさんの一人が、かなりガタイの良いロシアアニキだったのですが腕にびっしりと刺青が掘ってあってびっくり。 けど終始紳士だった。

クルーザーは展望デッキ、というか2階部分があり出入り自由だったのですが、風が非常に強く超寒いためほとんど室内で景色を眺めながらマターリしました。

川を往復し、戻ってくる頃にはすっかり暗くなりホテルのライトアップがとても綺麗。


DSC03279

スーパーで買い出し

この日、クルーズを終えた後はホテルに戻って最後の夜となるのですが、途中でビールなどを買って帰ることに。

本当は2日目に発見した成城石井(詳しくはこちらを参照)でお土産なども一緒に買いたかったのですが、突然の雨がザーーーっと降ってしまった事に加え、何故かロシアでは酒類の販売が夜の10時までという縛りがあるらしく、急いで近くにあったスーパーに立ち寄りました。

スーパーのレジでお会計をしている時、レジのおばちゃんが
「IDだせやーー!!」
と突然キレたので、「え、なんで怒ってるの?」とN氏に聞いたのですが、全くキレてないそうで、これがこの国のデフォルトだと言ってました。 マジか。ロシア人激しいわー、と驚きました。

その後、ホテルに戻って夜の2時くらいまで酒盛り。
この頃日本時間では早朝だったようで、東京で震度5の揺れが発生したと聞いてビックリしましたが酔っ払っていたのですぐに就寝しました。

3日目も無事に終了。
明日は帰るだけです。 最終レポートに続きます。

2014-05-23 | Posted in No Comments » 


関連記事

Comment





Comment



*