CRUSTACEAN行ってきた[サンフランシスコ・レストランその2]

kurastacean3

前回に引き続き、サンフランシスコ4日目の夜は蟹料理で有名なクラスタシアンへ連れて行ってもらいました。

これ、マジでうまかったです!!!!

今まで食べたことのない蟹の食べ方でした。
ガッツリ系の蟹っていうんですかね。 油でベットベトです。
店内には日本人も多数いて、メニューも日本語な感じ。やや高級レストランです。

お店情報

kurastacean2

公式HPはたぶんコレ
http://www.anfamily.com/Restaurants/crustacean_sanfrancisco/displaypages/homepage.html

住所:1475 Polk Street, San Francisco, CA 94109

ユニオンスクエアなどがある中心地から歩いて行く事もできなくはないです。
ただ、自分はシビックセンターから歩いていきましたが結構ダークサイドなシーンが途中に多々ありました
かなり香ばしかったです。 いつでも「ヒャッハー!」て火炎放射器もったモヒカンが現れてもおかしくない(ちょっと大げさ)な感じ。

帰りはすっかり暗くなってたのでタクシーで帰りました。( ´∀`)

ここはドレスコードあるっぽいそうで、全員シャツを着て入りました。

ビール

前回のイタリアンではワインでしたが、今回はビールを選択。

kurastacean4

アンカースチームというカリフォルニアのビールだそうです。
普通にうまかったです!
色は結構琥珀色でマイルド。

お料理

メインはやっぱりこの蟹です。

kurastacean3

日本でよく見かけるタラバやズワイガニとかと全然違う見た目です。
上海ガニの一種らしい。 西海岸のもっと北の方でとるんだそうです。

写真のお皿の下にたまってるのが、ガーリック風味なオイルです。
このカニ、香辛料をたんまりかけてオイルでガッツリと味付けされておりまして、ひじょ~~に濃厚な味わいでした。

いっぱいのカニを2人で分けて食べるのがよろしいようです。
なお、カニミソはありません。 甲羅を開けても特になにも入ってませんでしたので、足をいただきます。

カニを粉砕するアイテムが各自に配られるので、それで殻を割って食べるんですが、香辛料が指にべったり付いてベットベトになります。
ていうか、自分の指がいまだかつて無いくらいおいしくなります

カニを食している最中、8人全員が無言になりましたね。

お会計

カニは時価!だそうです。

この日は、カニ以外にもサラダや生春巻き、これまた有名なガーリックヌードル(パスタよりもやわらかい)あとなんか忘れたw に加えてビール×2と〆のコーヒーをいただき、超満腹です。

この日は4500円でしたが、マネージャー陣は6500円くらい? だったでしょうか。
先輩方、ご馳走様でした。ヽ(=´ω`=)ノ
※この日のカニはたしか、いっぱい$40とちょっとだったそうです。

マジでうまかったので、本当におすすめ!おわり

kurastacean1

2013-09-29 | Posted in No Comments » 


関連記事

Comment





Comment



*