プラグイン「YARPP」を追加した私

よく色んな方がブログに入れている「関連のある記事」を入れてみようと思い、
Yet Another Related Posts Plugin  名前長っ!
をwordpressに入れてみました。

ただ、入れる際にMySQLの設定を変えろ とか言われて少々ビビってしまいました。

とりあえずプラグインのインストール自体はいつもと同じで「検索」>「いますぐインストール」で入りました。

有効化、 設定といこうとしたとき以下のメッセージが。。。。

このオプションを使用したければ、wp_postsテーブルに対してこのようなクエリを実行してください:ALTER TABLE `wp_posts` ENGINE = MyISAM; 。このクエリはデータは一切消しません。
wp_postsテーブルが絶対MyISAMを使用していると思う方はこちらの魔法のボタンをどうぞ:
MyISAM を使ってます。嘘じゃないから

なにこの怪しい文章wwwww

自分、仕事でもMySQLを使う機会があるクセにストレージエンジンの事を全然理解していませんでした。 んー

とりあえず、自分使ってるMySQLがMyISAMを使っているかどうかは以下手順で確認する事ができます。  php-myadminな方はもっと簡単に変更可能ですけど。

MySQLにログイン

mysql -u root -p

データベースをチェンジします。

use wordpress

次にwp_postsテーブルの詳細を確認。

show table status like 'wp_posts' \G; 

ちなみに、最後の バックスラッシュ+G をはじめて見た人は、一回なしでクエリーを実行してみると感動する。

ここで出てくる Engineがストレージエンジンの種類です。 どうやらVer5.3以降のMySQLをインストールされている方はデフォルトでInnoDBになっているらしく 私もその類でした。

なので、このまま言われたとおりに

ALTER TABLE `wp_posts` ENGINE = MyISAM;

と実行します。  show table status をもう一度うつと、InnoDBからMyISAMへ変わっている事が確認可能です。

ところで、そのストレージエンジンとやらは はたして変えてもいいのんかい? と思うかもしれませんが、いろいろネットで調べたところパフォーマンス的に差はほとんどなく、InnoDBはどちらかというとトランザクションサポートが必要な人は  ていう感じだそうです。

まぁ普通にWordPressの投稿を入れてるテーブルなので、問題なさそうですね。

MySQLの設定を変更したらプラグインの設定画面にもう一度行くと変更完了の旨アナウンスがあります。

あとは、設定画面の右上にある「表示オプション」で「関連スコア設定」を呼び出しましょう。

関連記事の判定基準を自在に操作できます。 ちなみに、私の場合デフォルト設定では 「タイトル」も「本文も」何もかも

「検討しない」

になっており、何をやっても関連記事が出ない状態でした。 最初、マジで焦ったぜ。。。

2012-07-31 | Posted in Word Press1 Comment » 


関連記事

コメント1件

Comment





Comment



*