RubyでGmailを扱うgemが2種類存在していて混乱した件

ruby_icon_314

gmailのメールを受信するスクリプトをrubyで書いたりしてました。

で、試験用のサーバで開発をしてうまくいってたんでOKOKつって本番機でもgemでgmail用のライブラリをインスコ ⇒ ソースをデプロイ
すると、、、

Eroor : undefined method `disconnect' for #<Gmail::Client0x2b428ba48730 hogehoge@gmail.com) connected>

って怒られる。
Why ?!?! (;´Д`)

で、二つのサーバのgemを比較するかー と思って /PATH/ruby/gems/1.8/にいったところですね。
なんかそれぞれ違うgem入れてました。。笑

なんか知らないんですが、gemに ruby-gmail っていうのと gmail っていうライブラリの2種類があるんですね。 知りませんでした。

本番機ではどうも gem install gmail ってやったらインストールできたんで、開発機と同じやつだと思ってました。

単にgmailっていう名前の方のgemはコネクションを切るメソッドは .logout でした。

二つのGitのサイトは以下です。

gem gmail
https://github.com/nu7hatch/gmail

gem ruby-gmail
https://github.com/dcparker/ruby-gmail

けど、今ruby-gmailのReadmeを見ると、disconnectじゃなくてlogoutになってるじゃん。。。
え、さらに混乱なのですが。。

まぁ、原因がわかったんでよしとしよう。。

どっちの方がイケてるのか知りませんが、いろいろ検索してみるとruby-gmailの方が使われてる印象ですね。

2013-06-09 | Posted in RubyNo Comments » 


関連記事

Comment





Comment



*