CPUファンを変えたら超冷えました

今年の5月くらいの話になるのですが、今更エントリーです。
家のwindowsにTMPEG mastering works5を入れてて、VBRでエンコーディングとかさせるのですが、CPU負荷がほぼ常時100%になります。
で、特に冷却対策をしていないで組んだPCなものですから室温が20度くらいでもCPU温度が60度を越す日が続いていました。

というわけで、夏に備えてCPUファンとケースファンを変える事にしました。 まぁ、 そういうどこにでもあるエントリーです。

とりあえず、価格コムで人気があって価格が安い ENERMAX のETS-T40-TBを選びました。 サイズさんのクーラーの方が良くランキングで見かけますが、取り付けが結構大変という記事を見かけたのと、ENERMAXの方が名前と箱のデザインがかっこ良かったのでこっちにしました。

ていうか、箱から出してみたら想像以上にかっこ良かった件。

CPUはCore i5 2400を使ってるんですが、リテールのファンと並べてみました。
でかいっすね。


で、写真ないですけど取り付けは結構楽にできました。
もともと使っているケースによってはマザボ取り外さないとダメっぽいんですが、今使ってるSilencio 550 RC-550-KKN1は難なく取り付ける事ができました。

ちなみに効果の方は、CPU高負荷時の平均63度➡40度(室温20度前後)ということで、テンションあがりました。あわせてケースファンも一個増設したのも効果的だったかと思います。
これで夏を乗り切れそうですね。 おわり。

2012-07-15 | Posted in 自作PC関連ネタ(windowsPC)No Comments » 


関連記事

Comment





Comment



*