自作NASで自宅ファイルサーバー 第4回 (旧サーバからのデータ移行)


今回は今まで使っていた自宅サーバのノート型VIAO(8年前くらいモデルw)から今回作った新サーバにデータを移行しますです。
音楽や写真、アプリのバックアップデータなど合わせてだいたい250GBくらいでした。
現代社会では別にたいしたデータサイズではないものの、マシンtoマシンでデータ移動させるとなると少し時間かかりそうです。
今回は、そんな些細な作業で四苦八苦した話です。。

データ移行方法を吟味する

今まで今回のような作業の経験がなかったので、方法を少し考えてみました。

案1 HDDを抜く。SATAで繋いでコピー。

旧マシンを分解してHDDを一旦ひっこぬき、今回作成したサーバーのあいているSATA(本当は光学ドライブをつなぐようにあいているケーブル)を指してマウントするっていう方法です。
たぶん一番早い、というか以降のプランに比べたら爆速でしょう。
しかし、ノートPCなのでドライバでこじあけなくてはならないし、新サーバーもケース開けないとならないし。ちょっと面倒です。
もっと早く検討しておけばよかったなと後悔。
もう少し楽な方法を模索します。

案2 FTPで転送

両マシンとも同一LAN内なので、それなりのスピードでFTP転送できそうです。
しかも旧サーバにはvsftpdをたてているので、新サーバ側だけ環境設定すれば始められますね。
物理的な作業はないのでよさそうです。
sambaでもよさそうです。 けどたぶんFTPの方がプロトコル的に早いんでしょうね。

案3 外付けHDDを旧サーバにマウントさせてUSB経由でコピー

物理的な作業は最小限で結構楽なのですが、旧サーバのUSB規格が2しかありません。
ちょっと頼りない感じがしますね。
それにアンマウント⇒マウント⇒アンマウント⇒マウント と、いちいちめんどくさいっていうデメリットも。。

案4 旧サーバのHDDを外付けのケースの片側に指して、ケースにミラーリングさせ・・・

これはさすがに却下ですね。

FTPが妥当でしょう

ていうか、一旦作業やらせておけば終わるまで違う事してればいいっていう観点から本当はどれでもいいんですが
何かでミスってた時やり直しの涙を一番少なくさせる方法が良いですよね。

今回はFTPでいくことにします。労力も少なく、それなりに早く終わりそうです。

ちなみに、無線LANルータのLANケーブルのポートが4つあるんですが、昔これを買ったとき「一体全体なんのためにこんなにLANケーブル差し込む口がたくさんあるんだ!?!?」
って謎めいていたのがいい思い出。
今目の前でそのうち3つが埋まっています(1つはwindowsPCにささってます)

話がそれましたが、作業を始めます。

FTPコマンドのインスコ

旧マシンのvsftpdプロセスを確認します。 ちゃんとたってました。
いざ、ftp!
ってやろうとしたけど、ftpコマンドが入ってなかった。そりゃそうかー

yum install -y ftp

さくっと入る。 よしよし。
使い方がよく分かってなかったので、ftpコマンド  とかでぐぐったらワンサカ出てきました。
ありがたい。

で、テストでgetしてみたりする。

・・・・・ところが、

11.7MB/sくらいでした。 これは遅い。 LAN内ですぞ。。
250Gうつすのに5時間かかってまうぜ!!

・・どうも後日分かってきたんですが 、旧サーバーのマシンスペックがボトルネックなようでした。
新サーバとwinの間でsambaでファイル転送をする機会があったのですが
83Mbpsもでました。 まぁ、8年前くらいのCore2Duo搭載ノートなんてそんなもんなのでしょうか。
iptablesの設定が多い? いやそんなに書いてないです。
NICの性能やら色んな要素が重なって遅いんでしょうね。

とにかく、ルータがイケてないのかと勘違いしてたので良かったです(^^
※またルータ買い換えようかな などと物欲センサーが光ってヒヤヒヤしてたところでしたわい。。

つーわけで、これならUSB2.0の方が早いなw との結論に。
結局アンマウントorz
旧サーバに付け替えてマウントしました。

・・・左側が旧サーバとして役目を担っていたVAIOさんです。
昔はVISTAが入っていたなー と思い出にひたりますが、今まさにその役目を終えつつあります。
今までご苦労様。 今となっては17インチノートPCはでかすぎだよ・・・

同じファイルを今度はcpコマンドで移してみる。
ちなみに、コマンドの実行時間を計るtimeコマンドなるものがあるという事を本日はじめてしりました。
勉強になってよかった(^^

結果ですが、32MB/s (USB2.0)でございました。

まだ3.0の威力にくらべたら遅いですが、もうこれでいいや! つーわけで
このまま再帰的にガツンといきました♪

RAIDケースのアクセスランプが点滅してますね・・ うきうき。

コピー完了!!
timeコマンドの計測によると、2時間と18分でした! (260GBありましたのでやはり30Mbpsちょい出てましたね)
まぁかなり時間かかってしまったけど。しょうがない。

次からはしばらくsambaとかその辺の設定をしていきます。

WD Green 3.5inch IntelliPower 2.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD20EZRX/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】
by カエレバ



関連記事

Comment





Comment



*