【全文検索】ApacheSolr入門をやってみる 第1回

今日から少しづつ、オープンソースの全文検索エンジン「Apache Solr」を勉強していこうと思います。
ちなみに、タイトルに前文検索 っていれてますけど私めっちゃ初心者です ヽ(°▽、°)ノ
普通の人柱ブログのような感じだと思って読んでいただければ幸いです。

Apache Solrに関しては検索すればいろいろなサイトで紹介されています。なので今更感もあるのですが、少しやってみると意外とつまづく箇所が多かった(それは私が初心者だから)、ということでエントリーです。

なお、今回は2010年に出版されたApacheSolrを読みながら勉強を進めたいと思います。
この本めっちゃいいですね。 今まで読んだ技術書の中でも「へぇ~」の回数が一番多かったです。
まぁ、業務に関連するカテゴリだからなんですけど。。

javaとか私よくわからんのですが、そんな状態でも大丈夫っすかね? と思いながら読み出したのですが、冒頭からメチャ丁寧に説明してくれていて嬉しい限りでした!

余談ですが、javaのJDKのインスコ方法までwindows, mac, linux版と3種類も説明してくれているところに感服いたします。

SolrのDL

早速apache solrの本体(ほんたい??)をインストールしました。

http://lucene.apache.org/solr/ ここの、右側にあるDOWNLOADボタンをクリックするとリストが出ます。
現時点でのバージョンは、上が3.6.1 下が4のβ判のようです。
とりあえず、3.6のtgzファイルをrikenさんからDLしてみました。

ていうか、apache solr入門では1.6を入れてるんですがこの2年ですごいバージョンアップしたのかしら。。 大丈夫かな。。


cd /てきとうに

$ wget http://ftp.riken.jp/net/apache/lucene/solr/3.6.1/apache-solr-3.6.1.tgz
$ tar xvzf apache-solr-3.6.1.tgz

起動してみる

落としてきたSolrにはサーブレットが入ってるとの事で、早速試してみる
展開後のディレクトリに/example/start.jar なるヤツがいるのでそいつを起動


$ cd apache-solr-3.6.1/example/
java -jar start.jar

やべー なにこれ っていうくらい文字が流れるけど最後に

INFO::Started SocketConnector@0.0.0.0:8983

と、表示されれば起動完了とのこと。
停止はCtrl+Cで

ちゃんと起動されているようであればlocalhostの8983にブラウザでアクセスすると管理画面が表示される、、、
っていうけど、私はリモートのcentosに入れたので iptablesとFWあけなきゃ見れねーじゃん! って思ったけど
ポートフォワーディングの存在を思いだす。

けどめんくせーから明日やろう。。

[追記]
いっつも設定を忘れるし、エンジニアになったばかりの頃ポートフォワーディングの概念がぜんっぜん頭に入ってこなかった経験があります。 なので、分かりやすく(?)まとめてエントリーしました。
ポートフォワーディングを使って作業が捗る putty編
ポートフォワーディングを使って作業が捗る linux/mac編

終わり。

Apache Solr入門 ―オープンソース全文検索エンジン
by カエレバ



関連記事

Comment





Comment



*