WordPressレッスンブックとデザインブック両方読んでみた


DSC02884

WordPressでこのブログを開設してるんですが、最初にサイトを作る時まっさきに買ってきて読んだ2冊です。
なので実は読んだのは去年なのですが、2冊ともすごい勉強になって役立った本だったので今更ながらエントリしておきます。


WordPressレッスンブックの概要

WordPressはPHPで開発されているCMSですが、プログラミングをやった経験のない人でも運用できるよう管理画面が用意されていていろんなサイトが構築できます。

また、WordPressの使い方などはかなり色んなブログサイトが初心者向けにわかりやすく開設しているので正直本を読まなくてもある程度の事はできてしまいます。

ところが、WordPressをインストールして基本設定を終え、画面の設計などを全部自分の好きなように構築してき最終的に全て思いのままのサイトにできるようになるにはWordPressの仕組みと、少しのPHPの基本的な知識を抑える必要があります。
本書ではそういった基本的な仕組みから学び始め、PHPに精通していない初心者でも体系的にわかりやすくサイトを作っていくチュートリアル的な進め方で勉強できるようになっています。

説明はかなり丁寧にかかれていて、また画像のキャプチャがふんだんに使われているので相当の初心者でもわかりやすく学んでいくことができると思います。
自分も本書を読みながらサイトを作っていきましたが、徐々に画面ができあがっていき、ブログが動的に動くようになっていく様を見ていてすごい楽しかったです。

WordPressデザインブックの概要

WordPressレッスンブックはどちらかというと、Wordpressの基本的な仕組みについてフォーカスをあて、ブログの投稿を設置するには?固定ページを設置するには?などなどサイト全体の構築手法を体系的に学ぶ本ですが、デザインブックは名前の通りデザインに焦点をあてた本でした。

とはいえ、レッスンブックで扱うような「どこに、どういった風にPHPを書いていけばいいか?」という構築手法ももちろん網羅されていてこちらも0からWordPressサイトを作り上げていけるようになっています。

ではレッスンブックと何が違うのか?

自分は最初にレッスンブックをひと通り終えてからデザインブックを読み始めました。
なぜデザインブックにも手を出したかというと、レッスンブックで最終的に作り上げたサイトがけっこうダサかったからです笑

WordPressは基本的な仕組みさえわかってしまえばだれでも簡単にサイトの構成やデザインを作っていけるようになりますが、デザインに関してだけは少し踏み込んだ勉強が必要になると思います。

主にウィジェットと呼ばれるブログ・パーツ的なアイテムを自分で自由にカスタマイズしたり、アイキャッチ画像を埋め込んで画像がふんだんに並ぶTOPページを作っていきたい人はデザインブックで紹介されているような知識が必須になると思いました。

また、自分の場合はCSSをガリガリ書いた経験がなかったのですが、本書を通してサイトを少しづつ作るにあたりCSSのノウハウも蓄積する事ができました。

両方読んだ方がいいのか?

では2冊を読み終えて両方ともやってよかったかというと、、、 
1冊だけでよかった気がしますw

その一番の理由は、やはり両書とも初心者を対象にしている性質上絶対知っておかなくてはならないWordPressの基本的な知識がカブってしまうからです。

なので時間があればもちろん両方とも読んでもいいと思いますが、主に以下のように使い分ければいいんじゃないかと思いました。

・PHPの知識一切なしでWordPressも初めてこれから使い出す人。PHPも全然知らない人。
  →レッスンブックをひと通りやってみる。

・WordPressは触ったことある。デザインだけはこだわってオリジナルのテーマを創りあげたい人
  →デザインブックをひと通りやってみる。

まとめ

というわけで自分は2冊ともやってしまったのですが、実はこのブログは2014年2月現在自分で作ったテーマを使用していません。wwww

テーマを先月買ってしまいましたww

とはいえ、テーマの販売サイトにもよりますが自分の思い通りのサイト構成にするにはある程度WordPressの知識は必要になってきます。自分も買ったテーマを反映させたあと、ウィジェットの中身を少し変更したり、サイトの共通デザインの一部ソースを変更したりしました。
その辺の知識はもともと全部自分で1からテーマを書いた経験が役にになったなぁーと思います。

あと、WordPressでサイトを作っていく上で数多あるプラグインの活用は必須とも言えますが、これらの本ではちゃんと
イケてるプラグインの紹介もしてくれています!
全部全て自分でソースを書くのもいいですが、プラグインはある程度活用したほうが開発は加速しますのでここも役にたったポイントです。

※けどどうしてもCSSで頭を抱えた部分があり、先輩の@basara669さんに先週泣きついたのは秘密です。。

なので、両方とも読む必要はないと思いますが1冊は通して学習し、将来自分のサイトをいつでも自由自在に操れるようになると幸せな気がします。

これからWordPressを学んでいく人、WordPressのデザインを勉強して色んなサイトを作っていこうと思っている人。
一度は読む価値ありです!

2014-02-01 | Posted in 技術書レビューNo Comments » 


関連記事

Comment





Comment



*